毛根の仕組み・脱毛について②

<脱毛方法について>

黒色に反応する光線で毛球や毛乳頭を処理する方法です。
キセノンフラッシュ光線(キセノンガスの放電による光エネルギー)と、特殊偏光フィルムによって、一瞬だけ発光させて、毛根にアプローチします。
レーザー機によるムダ毛処理法と原理は同じですが、レーザー光線よりも波長が長く、複合波長光線において、多様な毛質、毛根の深さに反応し、光線が脱毛処理部の毛根にきちんと届くよう設計されたマシンを使用します。

・archではIPL(光脱毛)を使用してます。

瞬時に瞬く強い光を利用しお肌に有効な波長の光エネルギーを皮膚に対して照射することで毛やお肌を生成する組織にジェルの抑毛成分が浸透し抑毛や減毛、そして美肌効果が得られるというものです。

減毛効果とともに美肌効果も高く、安全性にも優れているためデリケートなお顔やお肌にも安心して照射することができます。

 
一度に広い範囲をトリートメントできるので、毛の部位や体質により個人差はありますが毛周期に合わせ約1カ月~3カ月(男性のひげの場合は2週間~1カ月)周期で施術し約1年~2年で自己処理のいらないお肌に近づけることができます

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA